白い歯を入れる前に

今回は根の治療のお話です。


根管治療の相談で
銀歯を白い歯に変えようとしたら根が膿んでいて治療を開始するも痛み出した
っというのが1番多い気がします。


根管治療は感染予防をしっかりとして行わなければ望む結果を得難い治療の1つです。

今回も白い歯が入っていたのですが根の先が膿んでいたので御相談の結果
根の治療をさせて頂きました。

術前の写真です。


一見問題なく根の治療をしてある様に見えますが
本来の根の先より詰めた薬が出ていました。
(これもよくある状態です。)


詰まっている薬を全て除去して中を綺麗に洗っていきます。

この時はラバーダムは必須です。

根管充填時のレントゲン写真です。


元々根の先が大きかったのか根の治療で大きくされたのかは分かりませんが
最終的なお薬にMTAを使用させて頂きました。

術後から1年半が経過した状態です。


根の先を囲っていた黒い部分が大分骨へと治癒してきてくれています。

根の治療は基礎的な土台工事と同じでとても重要です。

基礎工事を疎かにして豪華な歯を入れても土台となる根がダメになるとやり直さなくてはいけなくなることがあります。

ルールを守った治療を早い段階で受けられることをお勧めしております。


根の治療を終え歯の頭をセットしたら
2度と虫歯にならない様に清掃を気を付けて頂けると歯は喜びます。


これからも経過を見せて頂けたらと思います。


長い時間お疲れ様でした。

| 1/230PAGES | >>