根管治療と歯の亀裂

今回は根管治療のお話です。



他院にて感染根管治療を受けるも痛みが治まらずに来院された患者さんです。



先ずは術前のレントゲン写真です。



この歯は元々中心結節の破折から感染が起こり治療が開始された歯でした。

根管内には取りきれていないゴムの薬が存在するのと
根の先が大きく広がっていました。
(元々根の先が開いていたのか、根管治療中に必要以上に大きくされたのかは分かりませんが)

御相談の結果、ルールを守った根管治療をさせて頂きました。


1回目は根管内の取り残しのゴムの薬を取り除き、中を出来る限り洗浄します。


この時にラバーダムは必須です。


洗浄後は水酸化カルシウムを根管内に入れて術後の経過を確認します。



2回目に根管内を確認したところ排膿や出血が無かったので最終的な薬を詰めていきます。

今回は根の先が大きく広がっていたのでMTAを使用させて頂きました。



この歯は、歯冠部(歯の頭)に亀裂が有ったのと、金属での被覆は患者さんが希望されなかったので(審美的な問題)仮歯にて経過を観察させて頂きました。


術後6ヶ月のレントゲン写真です。




根の先の黒く透けていた部分にだいぶ骨が回復してきてくれています。
先ずは一安心です。





今回の場合は亀裂が歯冠部に留まっていてくれたので治癒傾向を示してきてくれましたが、根管内に亀裂がある場合は予後不良となる事が有ります。



根管治療(特に感染根管治療)は闇雲に歯の中をグリグリ削っても良くはなりません。
逆に根を脆弱化させる可能性が有ります。


根管治療は生涯で3回が限界とも言われています。


その為、少ない回数の時に適確な治療を受ける事をお勧めしています。


更に言うと、神経を取らなくて済む様に虫歯の時点でしっかりとした内容の治療を受ける事がとても重要だと考えています。
医療従事者も、本当にその歯の神経の処置が必要なのか適確な診断をしていく必要が有ります。



なかなか理想と現実のギャプが有る現代の歯科治療にその難しさを感じる今日この頃です。


今回も長い時間お疲れさまでした。
今後も経過を観察させて下さい。

| 1/165PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2017 >>

categories

selected entries

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode