感染した根の治療

まだまだ寒い日が続きます。


インフルエンザが流行っていますので皆様体調管理にお気をつけ下さい。

自分も気を付けます。


今回も、感染してしまった根の治療のお話です。

先ずは術前のレントゲン写真です。


歯の頭には自費診療の歯が入っていました。

土台がしっかりとしていない場合

どんなに綺麗な歯を入れても壊さなくてはいけなくなる可能性があります。


歯を取って中を確認して行くと


少し削って拡大してみると



未処置の根管を発見です。

奥歯側は



取りきれていない汚れを発見です。

根管は複雑な形態をしているため、しっかりと確認しながら汚れを除去していく必要があります。


ルールに則りながら根管内を清掃し最終的なお薬を充填していきます。

根管充填直後のレントゲン写真です。


術後4ヶ月のレントゲン写真です。


元々の黒く写っていた病巣部分に縮小傾向が出てきていることが確認できます。

もう3ヶ月ほど様子をみながら歯の頭を作っていけたらと思っています。


根管治療を行う際にはラバーダムなどの環境整備が非常に重要です。

感染源を除去していかなければ良好な結果は得られにくくなる治療です。


今後とも経過を確認させて頂けたらと思います。


長い時間お疲れさまでした。

| 1/215PAGES | >>