銀歯からレジンへ

歯の治療の仕方には様々な方法が有ります。



金属で修復したり、セラミックなどの白い素材で修復したり。


その中でも白く歯を治す場合、直接法と間接法に分かれます。



私個人の考え方は、今ある天然の歯を削って白く治す事に大きな抵抗感を覚えます。



自分の歯がこの世の中の修復物よりも優れているからです。


間接法で治療を受ける場合は少なからず御自身の天然の歯を削らなくてはいけません。




そうしない為には、口の中で直接歯を修復していく方法の方がより健康的と考えています。



今回は銀歯を治療していくにあたり、レジンにて治療させて頂きました。


先ずは術前の写真です。




銀歯を除去してみると



中はこの様な状態でした。
そこから少しずつ虫歯を削っていきます。


中でかなり広がっていました。



ここからレジンを少しずつ硬化させながら充填していきます。


術後の写真です。




段差なく充填完了です。



この方法は健全な歯質を極力削らずに治療できる点はとても優れた方法では有りますが、術時間はどうしても長くなる事が欠点と言えます。



この歯、治療時間に2時間程頂きました。



この様な治療内容に御興味があれば御気軽に御相談下さい。


因みに、初診時でいきなりこの様な処置は致しておりません。


患者さんの口腔内を確認させて頂きご相談の上治療内容を決めて頂く様にしておりますので御理解の程宜しくお願い致します。



今回も長い時間お疲れ様でした。

| 1/174PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

categories

selected entries

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode