感染根管の予後経過

梅雨空の様な天気が続いてましたが、やっと日差しを見た気がします。


今回は根管治療をさせて頂いて8ヶ月目のレントゲンを撮影させて頂きました。


先ずは術前のレントゲン写真です。


根管内が細菌感染を起こし、根の先が膿んでいます。


そして、歯肉も腫れていました。


御相談の結果、根管治療をさせて頂きました。

根管治療を行うには守らなければいけないルールが有ります。


先ずは、細菌感染の元となる虫歯を徹底的に除去します。


その後、ラバーダムがかけられるように隔壁を作成していきます。


そこまでしてから初めて根管内を治療していける環境が整います。



そこからは顕微鏡下で可能な限り根管内を綺麗にしていきます。



(簡単に書いてますが、この作業はかなり大変です。)
根管充填後のレントゲン写真です。

その後は仮歯で経過を観察させて頂き
根管治療後8ヶ月目のレントゲン写真です。


膿んでいた部位は大分骨へと治癒してきてくれています。

膿んでいた部分が消えるのには大体2年位は期間がかかります。
(個人差があるので具体的にどれくらいかは言えませんが)



また、根管治療は100パーセント成果の出る治療では有りません。


(100パーセントだったらどんなに良いことかと思いますが)

ルールを守った根管治療を行っても良好な治癒経過が得られないことも有ります。


その場合は次のステップとなる外科処置をしていかなければならない時も有ります。


今後も予後経過を確認させて頂けたらと思います。

長い期間お疲れさまでした。

| 1/192PAGES | >>