根管治療の予後経過

今回は定期検診で根管治療1年経過したレントゲンを撮影させて頂きました。

先ずは術前のレントゲン写真です。

1番奥歯は他院にて神経の処置をされ出した状態で、奥から2番目は何度か治療するも腫れや痛みを繰り返していた状態でした。

今回も御相談させて頂き、ルールを守った治療をさせて頂きました。

1番奥歯は誰も根管内を触っていない状態だったので神経の取り残しを除去して洗浄し最終的なお薬を詰めていきました。


続いて手前の歯を治療開始します。

元々の蓋を除去して中を確認すると


虫歯になっていますし、頬側の奥歯側の根っこにはパーフォレーションが有ります。

虫歯を除去して隔壁を作成します。
また、パーフォレーション部をMTAで封鎖して元々詰まっていたゴムの薬を除去していきます。

頬側の前歯側の根管は根の先が壊されゴムの薬が外に飛び出しています。


取れるだけは除去したのですが、それ以上に出ていたのは中からは除去出来ませんでした。
排膿もなく症状も無かったので根の先が壊れてしまっている部分もMTAを使用させて頂きました。

充填後のレントゲン写真です。

その後土台を入れて1年目のレントゲン写真です。

膿んでいた部分は大分骨へと治癒してきてくれています。


根管治療はとても繊細で難易度の高い治療です。


また、奥歯になればなるほど根管形態も複雑になります。

これを如何に感染させないで治療するかが、その歯の予後を左右します。

通常の根管治療で治癒が望めない場合は外科処置に移行しなければいけません。


歯の神経を取る時は極力感染しにくい方法で治療を受けられる事をお勧めしております。


今後も経過を確認させて頂ければと思います。

長い時間お疲れさまでした。

| 1/225PAGES | >>