前歯の感染根管治療

歯科治療は施術する歯科医師によって様々です。



先生ごとに考え方や得意な分野が違う為です。


私自身も、不得意な分野は有ります。
(骨の中に埋まってる抜歯など…)
後、インプラントはやってません。

今回は前歯の痛みを訴えて来院されました。
先ずは術前のレントゲン写真です。


歯の頭が無くなり根だけの状態です。
根管内が感染を起こしてしまい、根の先が膿んでいます。


今回も御相談させて頂き、ルールを守った根管治療をさせて頂きました。


今回は根の先が大きく壊れていた為、MTAを使用させて頂きました。

根管充填後のレントゲン写真です。


そこから6ヶ月後のレントゲン写真です。


膿んでいた部分が順調に骨へと回復してきてくれています。


根管治療は中を削れば済むという治療ではありません。

いかに根管を壊さずに必要な処置が行えるかがとても重要となります。


また、どんなに適確に根管内を触っても唾液の侵入が防げない環境では良い結果は得難いです。



様々な条件を満たして行う必要がある治療の1つだと思っております。



今後も経過を確認させて頂けたらと思っております。


長い時間お疲れさまでした。

| 1/202PAGES | >>