大きな膿袋の治療

未だ未だ寒い日が続いております。



今回は根管治療のお話です。



下の奥歯の歯茎が腫れて来院されました。




初診時のレントゲン写真です。



奥から2番目(左から2番目)の歯の根の先が黒く透けて写ってきています。



以前に根管治療を受けられた形跡があり、レントゲンで歯肉の腫れを起こしている原因歯として考えられる為御相談させて頂き根管治療をしていくこととなりました。


ただし、初回の根管治療で既に本来の根管から逸脱している可能性のある歯なので難易度はかなり高くなります。


通常通り金属の土台を外して隔壁作ってラバーダム装着。


これは絶対に必要です。




その後は根管を探索する作業へと移行します。




超音波チップを使って細かく削っていき、怪しい部分を先端0.1ミリの器具で探索します。



根管形態にはある程度規則性がある為、それに従って削っては探り削っては探りの繰り返しです。



前歯側の頬側は根の先まで見つかったのですが、舌側は削れども出てこない状態でした。



これ以上探し続けるのは危険と判断し、排膿や出血がなかった為根管充填を行いました。



そこから仮歯を入れて半年経過観察させて頂いていました。


治癒傾向が得られなければ外科処置も考えていかなければと伝えてはあったのですが


無事に治癒傾向を確認出来て一安心です。


感染根管治療において、必ず根の先まで開ける必要があるかと言うとそうでは有りません。

ただ、良好な結果を得るためにはそれに必要な内容の根管治療を行う事が必須です。




根の治療は大変難易度が高く、簡単に治る内容では有りません。


また、治癒傾向を示して来ず外科処置が必要となる場合もあります。


極力、通常の根管治療で良好な結果を得られるように日々研鑽を積んでいかなくてはと毎回学ばさせて頂いております。



今回も長い時間お疲れさまでした。

| 1/170PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

categories

selected entries

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode