レジン充填のメリット

歯を白く治す方法は色々有りますが

極力歯を削らずに治すには虫歯を除去後に直接充填していく方法が優れていると思います。


今回も、御相談させて頂きレジン充填にて治療をさせて頂きました。


術前の写真です。


一見問題ないように見えますが



削って染めると中で虫歯になっています。

更に染めながら虫歯をコツコツ除去していきます。



中で大きく広がっていました。

ここから染まらなくなるまで虫歯を除去していきます。


虫歯を除去後の写真です。


ここからは段差の無いようにレジンを充填していきます。

術後の写真です。

角度を変えて


段差なく充填して治療終了です。


歯を白く治す方法で多く用いられているのは間接法によるセラミックの治療ですが
この方法は健康な歯を大きく削らなくてはいけないデメリットが有ります。


歯を削れば削るほど、神経の処置が必要になるリスクは高まります。

神経の処置が必要になった場合、治療方法の選択により歯の予後が大きく変わります。

歯の治療回数が少なければ少ないほど、その歯の生存確率は高くなっていきます。

歯科材料の多くは劣化します。

口の中で永久的に残るものは御自身の歯だけだと言っても過言は無いと思っています。

いかに我々の治療介入回数を減らすか、その為にはどの様な治療内容や材料が良いのかを常に考えながら治療に取り組む必要が有ると日々感じています。


今後は御自身でのお掃除と歯科医院での専門的なお掃除で、口腔内環境を守って頂けたら幸いです。



長い時間お疲れ様でした。