根管治療の予後

気が付けば今年も最後の週です。


忙しさを言い訳に、全く書いてませんでした・・・。


根管治療をさせて頂き、1年経過した歯と6ヶ月経過した歯のレントゲンを撮影させて頂きました。

先ずは術前のレントゲン写真です。



どちらも根管治療が不十分で感染を起こし根の先が膿んでいます。

術後の写真です。


根の先の病巣は大分小さくなってきました。

無事に治癒傾向が確認出来たので、今後は歯の頭を作成していきます。



根管治療はとても難易度の高い治療の1つです。

感染させないように初手でしっかりとした内容を受ける事をお勧めしております。

更に言うと、神経の処置にならないように虫歯の治療で出来る限り行える環境下での治療の選択を受ける事をお勧めしております。


これからも、予後経過を確認させて頂けたら幸いです。


長い期間お疲れ様でした。