初回の根管治療

根管治療は行われた回数が多くなるほど次の治療の成功率は下がります。


闇雲に触って本来の根管から逸脱していく可能性が高くなったり

根管壁を削りすぎて破折の可能性が高くなったりします。

初回の根管治療でどれだけルールを守った治療を受けるかで、その歯の生存確率は大きく変化すると考えております。

今回も御相談させて頂きルールを守った根管治療を行いました。

先ずは術前のレントゲン写真です。

奥歯側から虫歯になり神経が死んで根の先が膿んでいます。

抜歯しなければいけない歯を先に抜歯してから根管治療をスタートしました。

先ずは上部の虫歯を全て除去していきます。

これが意外と大変な作業です。


金太郎飴のように削れど削れど染まる時もあります。

その後、レジンにて隔壁を作成しラバーダム防湿してから根管治療開始です。

ルールを守った根管治療を行い最終的な薬を充填したレントゲン写真です。



その後、6ヶ月経過を観察したレントゲン写真です。


根の先の黒い影は大分消失してきているのが確認できます。

ルールを守った根管治療を早い段階から行う事によって
その歯の治療成功率を高め、生存率を高めていくことがとても重要だと思っております。


膿んでいる状態をそのままにしておく事は決していい事ではありません。

ただ、レントゲン写真は時の断片なのでその歯が治癒期にあるのかそうで無いのかをしっかりと診断する事も大切です。

膿んでいる部分は年数をかけて骨へと治癒していくので、時には見守る事も重要だと思っております。


今後は治療した部位からまた虫歯にならないように、日々の清掃を頑張って頂けたらと思っております。


今回も長い時間お疲れさまでした。