歯を白く治すなら

段々と春らしさを感じられる気候になってきたなぁっと思う今日この頃です。


虫歯の治療には色々な方法が有ります。


虫歯だった部分を口腔内で直接充電して治す方法と
型取りをして技工所に出して間接的に作成する方法に大きく分けられます。


直接法のメリットとしては色々有りますが、1日で治療が終わること。
白く治せること。
最大のメリットは健康な歯質を可能な限り削らないで済む事です。


デメリットとしては
治療技術に大きな差が出る事が有ります。
小さな虫歯を直接法で治療してレジンを充電するのは日常診療でよく行われていますが


大体この様な感じで詰められています。

これだと、折角最小限で治療しても段差がある為再度虫歯になるリスクが上がります。


そうすると更に大きく自分の歯を失う結果になります。

これを拡大視野で治療していくと







こんな感じで治療が終了です。

虫歯は小さい時に治しておく方が歯質を失う量は少なくて済みますが
高い精度で行わないと逆に虫歯になるリスクを高めてしまいます。


自分の歯以上の素材は現在の歯科材料には存在しません。

その為、虫歯の治療は極力再治療になるリスクを回避して受けられることをお勧めしております。

また、術後のケアはホームドクターとして御自身でのお掃除がとても重要になってきます。

1度削るもしくは虫歯で溶けた歯は2度と再生しません。


御自身の歯を大切にして頂けたら幸いです。

長い時間お疲れさまでした。