レジン充填の精度

春が近くなり花粉が猛威をふるっています・・・。


目が痒い今日この頃です。


虫歯を最小限で治療できるレジン治療。


ただ、充填しなければいけない大きさによって難易度は大きく変わります。

先ずは術前の写真です。


既に噛む面から奥歯側にかけてレジン充填がしてあります。


ただ、経年劣化を伴う不適合から中に虫歯が疑われた為治療へ。

レジンを外していくと


中で虫歯になってました。

そこから何度も染めて虫歯を取ると



前歯側も歯と歯の間から虫歯になっていました。


ここからは少しずつレジン充填を行います。


術後の写真です。

角度を変えて

段差なく充填して終了です。

レジン充填において1番大切なのは段差なく充填できるかどうかという事だと思っております。

段差があるとそこに食べカスがたまり2次的な虫歯になるリスクが高まるからです。


そうならない様にレジン治療において拡大視野で行うことは必須だと思います。

治療の精度を高め再治療のリスクを極力減らす事が自身の歯の保存には欠かせない要素だと考えております。

ただ、材料には適材適所で向き不向きがある場合が有ります。

どんなに白く治されることを希望されても、口腔内環境がそれを許さない場合は余りお勧めしておりません。


1回の治療が長く持つ様な内容を選んでいかれた方がその歯の為だと思っております。


今回も長い時間お疲れさまでした。