レジン充填の治療

気温の寒暖差に気を付けなくてはいけない今日この頃です。


今回はレジン充填のお話です。


毎度書くことなのですが


歯科治療において大切なのは

どれだけ正確に治療するかだと思っております。


治療前の写真です。


両隣に接するようにレジンが充填されています。

レジンは材質的に経年劣化を起こします。

水を吸ってしまう性質があるためです。

角度を変えて見てみると



劣化してしまうと歯との間に隙間を生じてきてしまうため虫歯になるリスクが上がります。

ただ、この材料の優れている点は
その部分だけ削って詰め治せることです。

これは歯科材料の中で唯一レジンだけが持っている最大の長所です。


今回も御相談させて頂き、レジン充填にて治療をさせて頂きました。

昔のレジンを除去した状態です。

歯と歯の間の虫歯を治すために必要最小限の削除量で治療出来るレジンですが
歯と歯をしっかりと接するように充填したり、段差なく充填するのは簡単では有りません。

拡大視野下で少しずつ充填していきます。

充填後の写真です。

角度を変えて

段差なく充填して終了です。


歯の治療は細かな作業が必要となるため
どれをとっても簡単では無いと思っております。

1回1回の治療をしっかりと行うことで次に虫歯になってしまうリスクを可能な限り減らし現状を維持していくことがとても大切だと思っております。


今後も経過を確認させて頂けたらと思います。

今回も長い時間お疲れさまでした。