根管治療で大事なこと

今回は根管治療のお話です。


他院にて根管治療を受けるも痛みが引かないとの事で来院されました。


御相談の結果ルールを守った根管治療をさせて頂くことになりました。


術前の
レントゲン写真です。


上から見ると


奥歯側の歯が虫歯でなくなったのか無い状態でした。


このままでは唾液の漏洩の可能性があるため
レジンにて隔壁を作成します。


っで、ラバーダム(必要不可欠です)をして根管治療を開始です。




ここからは手順を守って根の中を洗っていきます。


作業している長さ確認のレントゲンです。

確認可能な範囲内ではねのなかは綺麗になってきたので
最終的な薬を詰めます。



そこから金属の歯を仮歯として使って頂きながら4ヶ月後のレントゲン写真です。


根の先の黒い影は消えてきてくれています。


根の治療は非常に繊細で高度な内容が要求されます。


それを行うにはそれなりの環境で治療していく必要が有ります。


また、何度も治療できる内容ではありません。


なるべく早い段階でルールを守った方法の治療を受ける事をお勧めしております。


感染が長引けば長引くほど通常の根の治療では治り難くなる可能性が増しますし
歯の保存自体が困難となる可能性が増してしまいます。


今後も経過を確認させて頂けたらと思います。


今回も長い時間お疲れさまでした。