根管治療の予後

今回は治療後1年経過したレントゲンを撮影させて頂きました。

先ずは術前のレントゲン写真です。

歯を白く治すために削った結果、神経が死んで感染してしまっています。

術後1年のレントゲン写真です。


根の先に広がっていた黒い部分が大分骨へと変わってきてくれています。

根の中は非常に複雑な形態をしています。


どんなに丁寧に時間をかけても解剖学的に触る事の出来ない部位は存在します。


そのため、如何に感染を防いで根管治療を行うかがとても重要になってきます。


ラバーダムは必須です。


今回も長い時間お疲れさまでした。

今後も経過を確認させて下さい。