歯と歯の接し方

春のカラッとした日々を懐かしく思う今日この頃です。


今回はレジン充填のお話です。

歯と直接接着させる事のできる材料で
治療の介入エリアを最小限にしてくれる優れものです。

ただ、充填していくのには結構難易度の高い治療の1つです。

まずは術前の写真です。

過去に奥歯側の虫歯をレジンにて治療されている歯です。

一見問題なさそうですが

少し怪しい感じが有ります。

レジンを除去していくと

中は虫歯になっていました。

また、隣の歯も

虫歯になっています。

虫歯を取り除くと


このようになりました。

ここからレジンを少しずつ充填していきます。



段差なく充填して治療は終了です。

歯と歯は元々点で接しています。

ただ、短時間で段差なくこの接し方を作るのは非常に困難です。

せっかく最小限の削除量で虫歯の除去を行っても、充填において面で接触させたり段差が出来た状態になってしまうと
隣の歯まで虫歯になる確率が上がってしまいます。

結果、健康な歯を失う事につながってしまうと考えています。

歯の治療はとても繊細で正確性が要求される内容となります。

治療の方法は様々ですが
どれを選択するかでその歯の予後は変わってきます。

なるべく今ある歯を削らずに正確に治療できる方法を選択される事をお勧めしております。


今回も長い時間お疲れさまでした。