レジン治療のメリット・デメリット

8月に入り暑さが戻ってきてますね〜・・・。


もうすぐ立秋なのに猛暑日が続いています。


今回はレジン治療のやり直しです。

まずは術前の写真です。

パッと見て問題が無いように見えますが
レントゲン写真で見るとレジンの下は黒く透けてきていて虫歯の可能性があるため治療をしていくことに。
御相談の結果、レジン充填で治療していくことに。

既に充填されている部分を取り除いていくと

虫歯になっていました。


虫歯の部分を何度も染めて除去していきます。

反対側の間も虫歯だったので

ちゃんと除去します。

その後、少しずつレジンを充填していきます。
術後の写真です。



段差なく充填して治療完了です。

レジン充填の最大のメリットは残存する歯を極力削らない事です。

歯の治療は、代替え品で補っているだけで歯になっている訳では有りません。

材料には其々使用することのできる耐久年数が有ります。


口の中で一生そのままでいられる物は
健康な歯だけです。

その為、極力自分の歯を残す事は非常に重要だと思います。

デメリットは治療は難易度が高く、治療時間も長くなる事。
また、材質は昔に比べ飛躍的に良くなってきてはいますが水を吸ってしまう欠点がある事。
材料自体に延性(延びる特性)が無いため歯ぎしりの強い方、噛む力が強い方には不向きな材料となります。

ただ、現状の材料で歯と直接接着でき、削る量が最小限に抑えられ、白く治せる点はデメリットを大きく上回る材料だと思っております。


歯の治療は何度も行えるものではありません。
治療のたびに健康な歯は少しずつでも失われていきます。

虫歯にならない事が最も重要ですが、なってしまった場合は極力歯に優しい治療を選択されることをお勧めしております。

今回も長い時間お疲れさまでした。

汚れが溜まらないよう日々のお掃除を頑張って頂けたら幸いです。