根管治療のやり直し

9月に入り様々な所で自然の脅威を感じさせる事が起きております。


被災された方々の早期の回復を心よりお祈り申し上げます。



今回は根管治療のやり直しのお話です。

先ずは術前のレントゲン写真です。


1番奥歯の根管が感染を起こし根の先が膿んでいます。

外科的な治療になる可能性と、亀裂等が有った場合は抜歯となる可能性をお話しして根の治療を開始です。

1番奥の歯に多い形態が樋状根といって根管が複雑な形状をしています。

今回の歯も樋状根でした。
術中の写真です。

見落としの根管です。

これをラバーダムのない肉眼で探し出すのはとても困難だと思います。



必要な大きさまで拡大・洗浄していきます。

根管充填直後のレントゲン写真です。


そこから術後半年のレントゲン写真です。


根の先の黒く透けて写っていた部分は順調に回復傾向を示してきてくれています。


根管治療はとても繊細で精密さを要求される治療内容です。


感染させない様に治療していかなければ治癒していく確率は激減します。


根の治療は一生の中で出来て3回とも言われています。


回数が多くなればなるほどその後の歯牙破折の確率は上がります。


早い段階でルールを守った治療を受けられることをお勧めしております。


今後も経過を確認させて頂けたらと思います。


今回も長い時間お疲れさまでした。


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

categories

selected entries

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode