歯を白く治すなら

虫歯の治療はどの方法で行うかによって治し方が変わります。



その都度選択に迫られます。



何も考えず、虫歯を除去して銀歯にするのも1つの選択肢です。


ただ、残せるのなら可能な限り歯を残して治療をしていった方が、その後の選択肢は多く残ります。


また、最初から全周削って被せて治す方法を取ると、そこから先はずっとその形態から逃れられません。


最近CMでセラミック矯正とか見ますが

自分だったら確実にその方法はとりません。



今回は歯と歯の間に虫歯があり、治療途中で方針を変えた歯です。


術中の写真からです。


元々レジンで治療してあった部位を除去していくと間まで虫歯が広がっていました。


大きく削って金属修復するよりは、虫歯のみを削ってレジンで歯を治していくほうが

この歯にとってはメリットが大きいと考え御相談させて頂き直接法で治療させて頂きました。


虫歯を何度も染めて全て除去していきます。


この作業が地味に大変です。


虫歯を全て除去した状態です。


歯と歯の間の虫歯は内側から除去してあります。


その後、レジンを少しずつ充填していきます。


術後の写真です。

角度を変えて

段差なく充填して治療終了です。


毎回書いている事ですが


虫歯の治療は時間をかけて精度を上げていくほうが予後は良好です。


レジン充填も、どれだけ正確に充填出来るかが大切になってきます。


治療時間は長くなりますが私個人としてはこういった方法をお勧めしております。


ただ、咬合力が強い方や歯ぎしりが強い方にはあまり勧められない方法です。



虫歯にならない事が1番ですが、なってしまった場合の治療方法の選択肢として頭の片隅にでも置いておいて頂けたら幸いです。


今回も長い時間お疲れさまでした。