健康な歯を極力残すために

まだまだ残暑の暑さが残っていますが


朝晩は大分秋らしさを犬の散歩で感じています。



今回も歯と歯の間に虫歯が出来てしまった歯のお話です。



通常の虫歯治療では銀歯での治療が選択肢として上げられますが

この間接法での治療は健康な部分も削らなくてはいけません。


これを避けるために直接法によるレジン治療が有ります。



ただ、レジン治療でも充填の仕方によっては逆に食べかすが溜まりやすくなる可能性があります。


先ずは術前の写真です。


真ん中の歯の前歯側が黒く透けてきています。


中が虫歯になり変色しています。


虫歯を染めながら慎重に除去して行きます。


虫歯を全部除去したら少しずつ壁を作成していきます。


壁を作成し終えたら少しずつレジンを積層していきます。


術後の写真です。

角度を変えて

段差なく充填して治療終了です。


歯と歯の間の治療においてレジン充填部分に段差があると、その段差に汚れが溜まりやすくなり2次的な虫歯になる可能性が増してしまいます。


必要な部分だけを削って治療する方法も細かな部分を気を付けなければ

逆に歯に優しくない治療へと変貌してしまいます。


歯の治療は簡単ではなく、とても繊細な作業が必要とされる内容です。


短時間で精度を上げるのは難しいと思います。


ここからは日々のお掃除を頑張って頂けたらと思います。


今回も長い時間お疲れさまでした。