神経を取る前に

秋が深まり、ワンコのお散歩日和が続いていて嬉しい限りです(^ ^)


今回は銀歯が外れて治療が必要になった歯のお話です。


先ずは術前の写真です。


裏層材(断熱材みたいなもの)が柔らかくなってきています。


外してみると

中は大きな虫歯になっています。


このまま虫歯を全部取ると神経が出てきそうです。


このようなケースの際に、事前に相談させて頂くのが神経を保存する方法にチャレンジするかどうかです。


私個人の意見としては、残せるのなら神経は残した方が絶対に良いと思います。


(ただし、この方法も成功率が100パーセントの治療ではありません。)


事前に御相談させて頂き、神経が出てきてしまった場合MTAを使用して保存を試みる治療をさせて頂きました。


治療の続きです。

壁を作成するための箇所の虫歯を全て除去します。


その後、壁を作成して残りの虫歯を全て除去していきます。


このような感じで神経が出てきました。


虫歯が除去できたら薬液で洗浄していきます。


その後MTAを充填して、その上からレジンで歯を修復していきます。


術後の写真です。


段差なく充填して治療終了です。


この方法は神経を保存して極力健康な歯を残す事を目的としております。


ただし、失われた歯が回復しているのではなく、人工物で補っている状態ですので

虫歯になっていない健康な歯に比べると強度的に弱くなっています。


その為、使用については極力気をつけて使って頂けたらと思います。



今回も長い時間お疲れさまでした。


日々のお掃除頑張って頂けたら幸いです。