銀歯を白く治す方法

季節外れの暖かさと思いきや直ぐに冬の気温で体調管理が大変な今日この頃です。



今回はレジンの話です。



歯が虫歯になった時の治療方法は様々な選択肢が存在します。


近年はレジンと接着技術の発展で余り見なくなった咬む面のみの治療で銀歯を選択する方法。


術前の写真です。


開業以来、1本もこのケースで銀歯を選択したことは有りません。


金属の治療は形態等を整える必要が無いので治療効率は上がりますが、健康な部分を大きく削るデメリットが有ります。


また、銀歯の適合精度と耐久度はそこまで高くないので治療後年数が経過すると中で虫歯になっている事が多く見られます。


今回はレジンで再治療させて頂きました。


治療する際にとても重要だと思う事ですが


どの方法でも治療環境を整えて行うことが最重要だと思います。


レジン治療の際、防湿出来るラバーダムの使用は部位によってはマストだと思います。


銀歯を外してみると

やはり中は虫歯になっていました。


虫歯を全て除去してレジンを充填していきます。


術後の写真です。


段差なく充填して治療終了です。


最初からこの方法で治療を行っていれば

健康な部分はもっと多く残っていたのではと思います。



歯の治療はとても繊細で精密さが要求される内容です。


より高い精度で、より良い環境で治療していくことが2次的な虫歯になるリスクを最小限にしてくれると思って治療しております。



今回も長い時間お疲れさまでした。


これからは定期的に確認させて頂けたら幸いです(^ ^)