神経を取る前に

最近は雨が多いですね。


雨なのに花粉の影響を受けております。


今回は虫歯が大きく通常なら神経を取らなくてはいけない歯のお話です。


先ずは術前の写真です。

間接的な方法の白い歯が詰めてある状態です。


しかし、この詰め物の下で虫歯が大きく広がっています。


青く色が付いている部分が虫歯です。


このままだと神経が出てくる可能性があったので先に壁を作成していきます。


虫歯を全部取り除くと

神経が出てきました。

この部分にMTAを使用して塞いで行きます。


その後、症状が出ないか確認してからレジンを充填していきます。


術後の写真です。

今後は問題が起きてこないか経過を観察していきます。



神経の保存を試みる方法としてはとても優秀だと思っております。


ただ、私は2回法で行うため治療回数が増えること、必ず神経が保存できる訳ではないことが欠点です。

後は、術時間が長くなります…


保存可能な神経は極力残した方が歯にとっては優しい治療となります。


今回も長い時間本当にお疲れ様でした。

今後も経過を確認させて下さい。



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

categories

selected entries

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode