感染根管の予後

桜の開花が宣言され春を感じる今日この頃です。


私は花粉に悩まされる日々です(涙)


今回は以前根の治療をさせて頂いた患者さんの予後です。


先ずは術前のレントゲン写真です。

過去の虫歯治療で深かったのが原因と考えられますが、神経が失活し感染を起こして根の先が膿んでいます。


患者さんと御相談させて頂き、ルールを守った根管治療をさせて頂きました。


最終的なお薬を詰めた直後のレントゲン写真です。

そこから2年経過したレントゲン写真です。

膿んで黒く透けていた部分は骨へと完治してくれています。


今回使用したのはガッアパーチャというゴムの薬です。

根の中に入れる充填材には様々な種類がありますが、適材適所で使用していくのが良いと思っております。


根管治療はとても繊細で難易度の高い治療です。

また、状態によっては感染源は取り除けてもその後機能させるのが困難な場合もあります。

根管治療でお悩みでしたら1度御相談下さい。

解決の一助になれたらと思っております。