ルールを守った根管治療

明日で平成が終わりますね。


なんとも言えない不思議な気持ちです。


元号が変わってもやるべき内容は変わりません(^^)



今回は根管治療のお話です。


生きてる歯を削り被せ物をすると、最初は平気でも突然痛みだすことがあります。


術前のレントゲン写真です。

一見問題が無さそうな見えますが奥から2番目の神経が失活し、感染が起きて来ています。


事前の相談で、ルールを守った根管治療をさせて頂きました。


歯の頭を外して中を確認していくと

溶けてます。


ここからは何時もの手順で根の中を拡大・洗浄していきます。


根管内が綺麗になった事を確認できるのも顕微鏡の良いところです。


2回目で頬側の歯肉にあった膿みの出口も封鎖している事を確認して最終的な薬を充填しました。

術後のレントゲン写真です。

この後は銀歯を仮止めして経過を確認していきます。


根管治療は必ず細菌感染を予防しながら行う必要が有ります。


1回の治療時間を長めに取り、感染のリスクを減らす事も重要だと考えております。


何よりもラバーダムは必須です。


生涯で何度も受けられる治療ではないので早い段階でちゃんとした内容の治療を受ける事をお勧めしております。


今回も長い時間お疲れさまでした。


今後も経過を確認させて下さい(^^)





calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

categories

selected entries

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode