初回の虫歯治療で出来る限り小さく丁寧に

最近ブログをサボってます。


毎回書く内容に変化が無く同じことしか言えていない自分の文才の無さに切なくなります。


でも、大切だと思うので書いています。


今回はレジン充填のお話です。


先ずは術前の写真です。

奥歯側の歯と歯の間が虫歯になっています。


御相談させて頂き直接法のレジンで治療させて頂きました。


虫歯を除去していきます。


保険外で行う最大のメリットは診療時間と環境を整えて行えることだと思っております。


後は顕微鏡下で細かな部分まで確認出来ることです。


外壁を作成し終えたら中を積層で充填していきます。


術後の写真です。

角度を変えて

段差無く充填して治療終了です。


レジン治療の最大のメリットは必要以上に健全な歯を削らずに治療できることです。


ただ、そこに求められる精度は非常に高く、段差等を作らずに充填していくには顕微鏡下で正確に充填していく必要があります。


折角最小限で治療しても段差まみれですと2次的な虫歯になる可能性が高くなります。


初期の虫歯で如何に抑え込むかがとても大切だと思っております。

また、なるべく健全な歯を削らないこともです。

私達が介入すればする程、歯は疲弊していきます。


生涯で歯の治療の回数を少なくするために、早い段階でやり直す可能性の低い内容を選択されることをお勧めしております。



今回も長い時間お疲れさまでした。



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

categories

selected entries

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode