根管治療の予後

久しぶりのブログとなります。

 

今回は根管治療の予後を確認させて頂きました。

 

先ずは術前のレントゲン写真です。

患歯は画面の左から2番目の歯です。

 

他院にて根管治療を受け被せ物には金歯が入っていました。

 

 

初診時は特に症状もなかったので経過観察を行なっていたのですが

 

他の部位の治療が進むにつれ少し症状が出てきたのでルールを守った根管治療をさせて頂きました。

 

最終的な薬を充填した直後のレントゲン写真です。

かなり広範囲に広がっていました。

 

そこから術後8ヶ月経過した状態です。

黒く膿んでいた部分はだいぶ骨へと回復してきてくれています。

仮歯からちゃんとした歯を入れて治療は終了です。

 

根管治療は初手(神経を除去する=抜髄)でいかにルールを守った治療を受けるかで予後がだいぶ変わります。

 

今後も経過を確認させて頂けたらと思っております。

 

長い時間お疲れ様でした。



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

categories

selected entries

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode