根管治療は初手が大切です

今度の26日の日曜日は事故調査委員会の研修に参加させて頂くため休診とさせて頂きます。


御迷惑をお掛け致しますこと申し訳御座いません。


今回は根管治療のお話です。


先ずは術前のレントゲン写真です。

左から2番目の歯は、虫歯が深かった為に神経が失活し感染が起きています。


患者さんと御相談させて頂きルールを守った根管治療をさせて頂きました。


ラバーダム下にて根管内を可能な限り洗浄し排膿や臨床症状がない事を確認して

最終的な薬を充填します。


前歯側は少し複雑な形態をしていました。


術後7ヶ月のレントゲン写真です。

根の先の黒く透けていた部分がかなり骨へと治癒してきてくれています。


根管治療は早い段階でルールを守った内容で受ける事をお勧めしております。


治療回数が増えれば増える程予後は悪くなっていく可能性が高くなります。


それだけ繊細で慎重な作業を必要とする治療です。



今後も経過を確認させて頂けたらと思います。





calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

categories

selected entries

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode