歯と歯の間の虫歯治療

秋も深まり朝晩の冷え込みが強くなってきましたね。


体調管理にお気をつけ下さい。


今回は虫歯の治療方法のお話です。



常に言う事なのですが、虫歯は小さいうちにしっかりと治す事をお勧めしております。


大きくなってくると選択肢が限られてきたり、簡単に治療出来なくなるからです。


先ずは術前の写真です。

パッと見る虫歯は無さそうですが



間の部分から食われています。


この場合、隣の歯もほぼやられています。


顕微鏡下で全て除去していきます。


歯の中の象牙質と呼ばれる層まで虫歯が進行してました。


これを放っておくと更に虫歯は進行して通常銀歯で治療することとなります。


ここからはレジンを用いて凸面を作るように慎重に充填していきます。


この作業、意外と難しいです。


段差を作らないように充填して治療終了です。


歯と歯の間のレジン治療、実は凄く難しい治療だと思っております。


歯は形態的に丸みを帯びた凸面同士で点で接触していますが、この凸面を作るのが非常に難しいです。


安易に作ると凸面にならず平面になり、点接触から面接触に変わります。


その後の弊害としては食べ物が詰まった時取りにくくなり、再度虫歯になりやすくなります。


それを避ける為には、拡大視野で作業するのが必須だと思っております。


治療介入の考え方はそれぞれですが、初期に再発のリスクを最小限にする内容を受ける事をお勧めしております。



今回も長い時間お疲れ様でした。

今後もフロスを頑張って頂けたらと思っております。


<< | 2/281PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

categories

selected entries

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode