最小限の歯の治療

最近、ブログを書くことをサボってます(汗)



歯を治療する方法は様々ありますが、初手の虫歯の治療方法で治療範囲を最小限にする事は非常に有効な治療方法と考えております。


今回もご相談させて頂き、レジンにて治療させて頂きました。


術前の写真です。

一見問題無さそうに見える歯ですが、間から虫歯になっています。



両側が虫歯になってます。

虫歯を全て削り取ると


通常はここから虫歯だった所を埋めて削って銀歯が一般的です。

この方法はチェアータイムも短く出来ますが、健康な部分を削る必要があります。

因みに、セラミックで治すと銀歯以上に歯を削る必要があります。



今回はここからレジンを充填させて頂きました。

術後の写真です。


角度を変えて


段差なくレジンを充填して治療終了です。


術時間は長くなりますが、白く治療でき必要以上に健康な歯を削らない事においては、とても優秀な治療方法と言えます。

材質的に再研磨や修理は必要となるのが最大の欠点ではありますが。


歯の治療において最も重要な事は、我々が介入する事態を極力減らす事だと思っております。

その為には、虫歯の大きさやその他の口腔状態に合わせて材質を選択して頂くことが最良と考えております。


今回も長い時間お疲れさまでした。


<< | 2/275PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

categories

selected entries

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode